売れ筋トップ3

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ノウハウが命
ノウハウを知っていることが成功への近道
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1 セルフカウンセリング完全マスター ....
8千人をサポートしてきたカウンセラーコーチがとっておきのノウハウを伝授



灘高英語・完全攻略GOLD BOOK販売サイト














灘高英語・完全攻略GOLD BOOK ついに!書かれた灘高英語のためのバイブル。この解体新書はあまりに過激であまりに冷徹だ。

















あなたは灘高を受験しますか?
もしYESなら
ここへ到達されたあなたはまさにラッキーです。
でも、あなたがここを見ているということは、あなたのライバルも
ここを見ている可能性が高いですよね。
それなら、読み続けて下さい。
そしてライバルが読むのを止めてここで去ることを願いましょう。

  さて、





英語問題対策に関して、あなたに自問自答していただきたいことがいくつかあります。



自分の今の勉強法が最高だからこのままでいいと確信していますか?

英作文問題は得意ですか?

今すぐにでも本番で闘える戦闘モードにありますか?

予備校や家庭教師の指導内容には満足していますか?

長文問題を前にして正体不明のストレスを感じませんか?

どこを探しても究極の攻略法や必殺テクニックはあり得ないとお考えですか?

灘高英語のための特別の参考書・問題集を持っていますか?

何点取れればマキシマムかご自分で想定できていますか?



単語・熟語は何をどれだけ憶えればいいか「これです」と示すものがありますか?

灘英語に取り組むための指針(ポリシー)を誰かから教わっていますか?

数学・理科の準備のための時間は十分に確保されていますか?



どうですか?
これらの質問にほとんどYESと答えられた方は、ここから先はお読みいただく必要はないと思います。
今の調子で頑張って下さい。
しかし、全部にNOと答えられた方がかなりおられるのではないでしょうか。

それでまったくおかしくない、と思います。

   では、
質問の仕方を少し変えてみますので、もう一度自問自答してみてください。


もちろん勉強は量的にもフルにやっているが、何をどう目指してやっているのか
ビシッとした指針があれば迷いや不安が消えますか?
英作の苦手意識を克服する必要を感じますか?
実践的なアドバイスに後押しされれば戦闘モードに入れますか?
予備校や家庭教師には期待せず、貴重な情報を自力で入手しようと思いますか?
長文問題の正体がわかれば、冷静にフルパワーを発揮しますか?
究極の攻略法の在処が発見されれば、WOW!と叫びますか?
灘高入試英語専用の教材を何故誰も造らなかったのだろうと残念ですか?
最高得点レベルがわかればそれを超えようと奮起しますか?
憶えるべき単語・熟語はこれだけだ、と渡されたら絶対全部マスターできますか?
英語に無意味な時間を割く必要がなくなれば、その余裕をすべて数学・理科へ回しますか?




どうですか?
YES! YES! YES! YES! 今度はほとんどがYESでしょう。違いますか?
実はこの数例の自問自答だけでも、あなたが自分には何が足りなくて何を求めているのかを自らに
気付かせることができたはずです。


本パッケージ「灘高英語完全攻略 GOLD BOOK」は

これらの"YES"に応えるために、書かれました。



                
                         上の画像は商品のイメージです

   では、本題です。
   どのようなコンテンツかを紹介します。



「灘高英語完全攻略 GOLD BOOK」(以下GOLD BOOKと略)は、
ダウンロード版 PDFファイル 合計 242 ページのE-BOOKです。
Adobe Reader(最新バージョンは 9)で読みます。

GOLD BOOKは3つのパーツで構成されています。

ダウンロード版 A4サイズPDFファイル 合計 242 ページ
内訳:
1)問題解説(10年分)  計 146 ページ
2)VOCA集(単語・熟語) 計 78 ページ
※単語集は見出し 2000語、熟語集(+構文)は 1500語を収載
3)傾向と対策              計
15 ページ 
 4)ガイダンス               計
3 ページ     




   
     各パーツを説明します。





これこそが、GOLD BOOKパッケージの本体部分です。
  H20年度からH11年度まで、10年間の出題問題を収録した。
  各年度は平均13-14ページずつのボリュームです。
  解答と解答へ至るまでのプロセスを解説として詳しく書いた。
  従来の過去問集とは質を異にします。これは問題集ではなく、BOOKです。



       
                     


問題に対するコメントを書いた(必要な時だけ)
問題文の出典がわかっているものは書いた
何を「してはいけない(禁)」のかを書いた
情報商材にありがちな「やたら多い改行」は一切使っていない
設問優先のポリシー(←実はこれ自体が情報もろ書き)を一貫させて解いた
何が試されているのかを書いた
特に難しいものははっきり難しいと、簡単なものは簡単だと書いた(これにより難易度のほんとうのリミットを知れる)
論理的に考えることをデモンストレートした
なぜ「それ」が正解なのかの根拠をすべての問題で書いた(普通の過去問集はそれを 書かないから、正解を示されても今後のパワーとして取り込めなかった)
(だから)何を準備すべきなのかは随所に書いた
迷うのはどういう場合かを書いた
正解へ至る「ステップ」を書いた
その偽(にせ)の選択肢がおかしい理由を書いた
設問のキモは何かを書いた
設問に使用されている単語熟語の説明はもちろん、参考事項も書いた
「灘はこういうのを出すのだ」のコメントは随所に書いた
これが正解で他が間違いである理由を両方書いた
英作については、書くための手順論を詳しく書いた。極めつけの対策だ。これを読むだけで英作への苦手意識はかなり軽減される。
内容合致問題はひとつひとつ理由を説明しながら解いた、テクニックも付記した
解説のレベルを超えて戦術と呼ぶべき内容を随所に書いた
採点を有利にするテクを随所に書いた
「対策編」で明らかにした攻め方(←これはここでは明かせませんが)のポリシーを 一貫させて解説を書いた
できなくてもいいものは「できなくていい」とコメントした
特に説明いらないものは軽く流したが、必要なものは徹底的に書き込んだ
文法知識は随所に織り込んで書いた
(括弧)埋め問題はひとつひとつ検証していきつつ、確定の理由を書いて納得してもらえる よう心がけた(いくつかの問題でこの検証パターンになじんでおくことが肝要だ)
並び替え問題の正解手順を詳しく書いた(並び替え問題対策はこれを読むだけでいい)
出題について率直に抱いた感想をときどき書いた
和訳について、できるだけ有利に採点されるポイントを書いた
要約問題への対策を書いた (これを知っているだけで十分だ)
灘が特にお気に入りとしてよく出す熟語・構文は出現のたびにくりかえし指摘した
ところどころで、アクロバティックな解き方を使った (そういうものがあるのだと知っていれば、使うこともできる)
正しいものを選択する際の、基本中の基本の技にも触れた
自由英作問題は、特に力を入れて、書き方のコツを伝授すべく書いた
10年分の解説に登場する語彙と文法だけでも相当な数の知識だろう、実際に出たもの以上に重要なものはない。これらはただの水ではなくステーキから摂る上質のタンパク質だ。
設問がほんとうに「意図する」ところはなにかを書いた
どこにキーセンテンス(キラーセンテンス)があるか見つけ方を書いた
だまされる(トラップにはまる)パターンを指摘した
致命的なVOCA(単語・熟語)はどれかを書いた
灘の出題の「核心」は何かをくりかえしくりかえし書いた
本文を読まなくても答えは出せる(←これはコアな情報もろ書きなのですが)実例をその都度 示した


以上、読んでいただくのが大変でしたね。ありがとうございます。
実はこれらはただのコンテンツの紹介文にはとどまりません。この箇条書きの中には、指導者サイドがそのまま利用できるような情報が提案としてすでに織り込まれているのです。(流用はご遠慮ください。)
なお、コンテンツの性格上、このように言葉で説明するしか内容を紹介することができにくいので
ご理解ください。







これがGOLD BOOKのキラーコンテンツです。これだけでひとつのパッケージにしようとも
思いました(近い将来そうするかもしれません)。
いわば本体であるパーツ1)の解説BOOKの総括です。
本編のBOOKを支えるポリシーを対策編で書きました。
同じPDFファイル内ですが、傾向編と対策編に分かれています。





傾向編

   過去15年分(H20~H6)の問題全てを分析し、問題のタイプ別に分類し、それを集計しました。
   H20~H11(10年分)の長文問題については、設問をすべて書き出しそれぞれにタイプ分類
をした結果を書いた。
   15年分の設問タイプの出題比率を考慮し、直近3年間の傾向にウェイトを置いて、来年度の出題予想パターンを示した。






対策編

   対策編のとっぱしに戦闘マニュアルのコア部分を書きました。
これこそがあなたが本番で問題と取り組む時にベースとなる羅針盤です。
結論があまりにシンプルなので驚かれるかもしれませんが、あなたはただ信じてくださればいいだけです。
この結論へ到達するまでに信じられない紆余曲折と試行錯誤を繰り返し、膨大な時間を費やしました。そんな事情はあなたには関係ないでしょうから一切書いていません。
核心を突いた情報はいつも「シンプル」なものです。
   ただ信じるだけではなく、あなたにやっていただかねばならないのは、対策編を全部読み、
そして、この戦闘マニュアルに従って、パーツ1)に収録された過去問を実際に解いてもらうことです。
まず過去問を解いてから、ではなく、対策編を実践するために過去問を解くという順番です。
これが非常に重要です。これにより、その威力を実感してもらえるでしょう。
   問題のタイプ別に、攻め方のテクニックを詳しく書きました。
   特に、英作については、「特別解説」を付け加えました。










                                                                                                               Adbe
Reader 9



   過去15年間に出題された問題(本文+設問)に使用されたすべての単語・熟語・
      構文パターンを残さず抽出し、そのうちごく基本的なものは対象外として捨て、採用しました。
   収録語数は、単語 約2000語、熟語(+構文) 約1500語 です。
   それが使用された問題の年度と番号をすべてに付記しました。
   次に、中級の大学受験レベルに必須の語彙を慎重に検討して、採用しました。
   これを合体させて、万全のラインナップを実現させたVOCA集です。
   発音記号はありません。意味(和訳)は代表的なものを選びました。
  しかし例えばASのようにどうしても複数の意味が必要な場合はそれぞれを別々にインデックスしました。




解説中でも対策編でも、何度も書きましたが語彙を征服することが灘高英語を征服することに等しいと云っても過言ではありません(←これは書いてはいけない情報のモロ書きです)。
しかし、残念ながら、そのために使える教材は世の中にありませんでした。今までは。

ついに、それが登場し、あなたがそれを使う時です。

何も迷わず、後は憶えることに没頭して下さい。




ずばりこのパッケージは情報です。
世に過去問題集は赤本と称されるのに対し、このパッケージはGold Bookと名付けた。
灘高英語の特性について知りたいことはここに書かれている。
灘高英語問題の正体とでも呼ぶべきもの。
灘高を受験すると決めているかまたは目指しているあなたに向けそれを提示します。
あなたは10年分の問題を解き、この解説を読むことで灘高英語に精通する。
敵をロックオンする情報だ。
そして、情報は無料ではない。









上の画像は商品のイメージです

灘高英語・完全攻略 GOLD BOOK
ダウンロード版 A4サイズPDFファイル 計242ページ

初版特別価格:






友達にメールですすめる  お気に入りに追加  お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記

*インフォトップ(Infotop)の決済システムを利用しております。






この解説には全文訳はありません(2,3は特別に書いた)。
このことをお断りしておかねばなりません。理由は、必要ないと考えるからです。
ただし、どうしても全文訳が必要だと要望された場合は個別に(あくまで問題ごとにですが)
作成して無料で提供しようとは考えています。
提供方法:PDFファイル。パッケージに同封されたguidance.pdfのファイルに記載された専用の
メールアドレス宛にリクエストを送ってください。準備でき次第メールにて添付ファイルの形でPDFを
お送りします。
ただし、お一人様につき5問までと限定させていただきます。



このたびは間に合いませんでしたが、

H21年度(本年度)の問題と解説を後日(しばらくお待ちください)

提供します。
提供方法:ダウンロード版 PDFファイル。
パッケージに同封されたguidance.pdfのファイルにダウンロード先のURLを記載しました。
そちらからダウンロードしてください。




過去問 H10年度~H6年度の5年分を無料で提供します。提供方法:ダウンロード版 PDFファイル。
パッケージに同封されたguidance.pdfのファイルにダウンロード先の
URLを記載しました。そちらからダウンロードしてください。






パッケージを提供したならそれでこちらの義務は終了するのですが、
あなたが困ったこと・疑問・質問・さらなる興味などを持たれた時に何も対応しないというわけ
にはいきません。ケースバイケースですが時間の許す限りできる範囲でアドバイスしていこうと
思っています。

提供方法と条件:
サポートのリクエストは、パッケージに同封されたguidance.pdfに記載した専用のメールアドレスまで
ご連絡下さい。
ただし、サポート対応期限は購入日から3ヶ月間、サポート案件数はお一人様につき5件まで、
と限定させていただきます。
これがもしかしたら最大の特典かもしれませんね、
あなたの専任家庭教師みたいなものでしょうから。




初版なので、特別価格にしました。
100セット限定です。
それ以降は、相応に値上げするか、パーツ別のセパレート販売になると思います。


今のタイミングを逃さず

入手していただくこと自体が、

特典かもしれません。








灘高英語・完全攻略 GOLD BOOK
ダウンロード版 A4サイズPDFファイル 計242ページ

初版特別価格:









友達にメールですすめる  お気に入りに追加  お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
*インフォトップ(Infotop)の決済システムを利用しております。






購入者 様


(残念ながらオススメの声はありません)
初版を出したばかりなので推薦文はありません。
しかし、情報の性格上、たぶんこれからもオススメの声は掲載しないだろうと思います。
でも、
購入いただいた方からのご意見・感想はぜひ知りたいし、サポートや今後の改善のため知る必要があります。






購入を決めるのはそう簡単なことではないかもしれません。
迷われても当たり前です。また、高いからという理由とは限らないでしょう。
あなたは例えばどんな風に迷っておられますか?



どんな中味かわからないから納得できない?
なるほど、確かに言葉で説明しただけではピンと来ないかもしれません。 販売のためのPRの時間がほとんどなかったので、本来ならばコンテンツの一部を
無料レポートとしてレポートスタンドやメルマガから配信してもっと前から予告すべき でした。ただ、その分、初版限定の特別価格を出したつもりです。
眉唾かもしれない?
なるほど、めちゃくちゃな中味の情報商材が氾濫していますので、まずはそれを 疑うのが賢明です。しかし、このページに書かれた内容を読んでいただけたのなら
決してそのような眉唾を売りつけて平気な連中と同類の執筆者ではない、と その姿勢を想像してもらえるのではないでしょうか。
高すぎて買えない?
なるほど、当然です。しかし、ちょっとお考えください。予備校の費用、特訓講座の別費用、 参考書の費用、それらの金額と、このパッケージの価格を比べてみて、法外に高いとは
お思いにならないでしょう。逆に、予備校の授業と特別講座はその費用に見合うだけの はっきりとした成果をくれますでしょうか、さらにこの価格を払えば彼らはこのパッケージ の中味の情報に匹敵できるものを提供するでしょうか。予備校と家庭教師は継続的に支払う ものです。このパッケージへのお支払いは一度切りです。ぜひご両親と相談してみて下さい。
まだ決められない?
なるほど。でも、夏期講習もスタートしました。夏休みは最高の集中学習の機会です。この間に、一気にこのパッケージのコンテンツと取り組むことができれば
秋以降ライバルに差をつけることができるでしょう、少なくとも英語に関しては。

だから、このタイミングを活かしてください。


ほんとに得点アップにつながるかわからない?
なるほど、でも何の得点ですか?模試の得点でしょうか。得点アップはあくまでも本番の問題 でのことでしょうから、最後の最後まで単語も熟語も憶え続け、解答のトレーニングを積んで の結果です。だから直ぐに効果が出るとは思えません。しかし、勝負は本番です。
欲しいけれど有料だから抵抗がある?
なるほど。今の若いネット世代の方はなんでも「無料が基本」と心得ていることは承知しています。しかし、そのワンパターンな思考はいずれ「一番大事な情報は手に入らない」結論へ
行き着くかもしれません。貴重な情報はいつも有料です。それと誰にでも彼にでも公開しない EXCLUSIVEな情報として保護するためにも有料化は有効だと思います。もし、こちらとしても将来、内容次第では無料で公開するほうがいいとなれば、そうするかもしれません。でも
このパッケージのようなボリュームは無理でしょう。






   
   最大の変化は、何より自信が持てるようになる。自信とは
   想像力のこと。相手(問題)の具体像が見え、打ち負かす戦術
   がわかる、あなたは自信を持てる。


   どんな奴が相手だから、どんな方法で闘えばいいのか、
   そのために何をすべきなのか、明確な指針を手に入れる。
   あなたは、不安も迷いも   払拭して準備を続けることが
   できる。


   これは何を憶えるべきかの材料と攻撃のシミュレーションを
   具体的に提示する教材だ。
   覚えるべきノルマと訓練のマニュアルを手に入れ、あなたは
   記憶作業と解答トレーニングに没頭できる。


   
   入試は情報がすべてだ。
   相手(問題)の特性、相手の出方を情報の力で見通し、勝つ。
   そして情報を持たないライバルにも、あなたは勝つ。


   
   11年分、さらに特別に5年分を加え、計16年分の
    過去問題が一気に手に入る。出題実績の長いヒストリーを
    あなたは読み尽くすことができる。


   
   ポリシーが明確だから、英語対策のために無意味な時間を
   浪費されることはない。その分を数学と理科に惜しみなく
   振り当てればいい。つまり、あなたは時間を買うことが
   できる。





ずばりこのパッケージは情報です。
世に過去問題集は赤本と称されるのに対し、このパッケージはGold Bookと名付けた。
灘高英語の特性について知りたいことはここに書かれている。
灘高英語問題の正体とでも呼ぶべきもの。灘高を受験すると決めているかまたは目指しているあなたに向けそれを提示します。
10年分の問題を解き、この解説を読むことで灘高英語に精通する。
敵をロックオンする情報だ。
そして、情報は無料ではない。









灘高英語・完全攻略 GOLD BOOK
ダウンロード版 A4サイズPDFファイル 計242ページ

初版特別価格:









友達にメールですすめる  お気に入りに追加  お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
*インフォトップ(Infotop)の決済システムを利用しております。






相当迷いましたが、決めました。

このPRページをWebでリリースする直前に、
ここで急遽、追加案内することにします。
パッケージに入っているパーツ①のうち、
H19年度の全問題と徹底解説(A4版17ページ)を
トライアルのために無料でお届けします。
すぐ下のフォームからお申し込みください。
自動的にダウンロード先のURLをメールで通知します。

実物の無料提供です。

念のため、それを入手されることにより何の義務も生じません
のでご安心ください。
お読みになればすぐおわかりになるでしょうが、
この単年度分だけで、すでに実質的で貴重な情報開示に踏み切ったつもりです。

実物以上に内容を説明してくれるものはありません

有料コンテンツを提供する側としてできるだけの誠意を示すことにもなると
思い、特別サービス実施を決めました。
ある意味、読んでいただけるだけでも光栄です。

迷わず、お申し込みください。


ボタンをクリックするとあなたのメーラー(新規作成)が起動します
題名はNadaGoldBook free-19y Requestのまま変更しないで下さい。
こちらからの返信が発送されません。なお、本文には(もしあれば)質問など
をお書きいただいて結構です。メーラーの送信ボタンを押して送信して
ください。









上の画像は商品のイメージです






灘高英語・完全攻略 GOLD BOOK
ダウンロード版 A4サイズPDFファイル 計242ページ

初版特別価格:








*インフォトップ(Infotop)の決済システムを利用しております。



友達にメールですすめる  お気に入りに追加  お問い合わせ


特定商取引法に基づく表記










パッケージについてのお問い合わせは、下記からEメールでお送りください。
お待ち申し上げます。m(_ _)m


ibuki naoya/eigoya.net






Copyright(c) 2009 eigoya.net All Rights Reserved.








詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://pxxcoopt.blog85.fc2.com/tb.php/4197-297d2fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。