売れ筋トップ3

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ノウハウが命
ノウハウを知っていることが成功への近道
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪競馬ストーリーvol10
マッサージ・整体・鍼灸などの指名の獲得する為の「ノウハウ」を大公開!






大阪競馬ストーリーvol10

















闇雲に馬券を買い漁り、競馬で損ばかりしている中高年の方へ…







このビデオの中の「払戻し額」は、ワイド馬券と複勝馬券を併用し、メインレースだけを5点以下の買い目で以て馬券を買い続けた2009年
2月~12月の結果になります。





 













 ※このビデオは3分で終了します。
 ※ボタンをクリックする前に、念のためパソコンのボリューム調節をして下さい。
 ※昨年、どのレースをターゲットにし、どの馬を軸にしたのか?その時、相手馬は何頭だったのか?
   そして、結果はどうだったのか?払戻しは幾らだったのか?の全てが分かります。



 








こんにちは、「大阪競馬ストーリー」の藤本と申します。

もうダラダラと長ったらしい話にはあなたもウンザリでしょうから、手短かに話します。
メインとなるネタは、



開催当日のメインレースの軸馬1頭と、5頭以下のヒモ馬を
レース発走30分前までにメールにてお送りします。

注1. レースによっては、軸馬を特定出来ない場合があります。
注2. ヒモ馬を抽出した結果、6頭以上になりそうなレースは情報提供を見合わせます。
というものです。
このメールを毎週見ることにより、あなたは相当高い確率で競馬に勝てるようになります。

この買い目を基に、ワイドと複勝を併用して馬券を組立てます。

例えば、この「京都金杯」のようなヒモ馬が3頭しかいないレースでも、安易に軸馬から
総流しをする訳では無く、徹底して「慎重」且つ「せこい」買い方をします。

買い方は軸馬からヒモ馬にワイドで流すかヒモ馬の複勝にするかの二通りしかありません。

その判断材料は「複勝オッズ」を見ます。

安心して下さい。

ものの1分程度の目視で済みますので…。

では、下の「京都金杯」のオッズを見て下さい。







基本的に「ヒモの数=買い目の点数」となります。

従ってこのレースの場合、軸馬のスマートギアからヒモ馬にワイドで流そうが、ヒモ馬の複勝にしようが、

買い目の点数は3点です。

複勝オッズを見るのは的中した時に採算の合う馬券にするためです。

7番・ライブコンサートの複勝オッズは「2.9-4.8」になっています。
複勝やワイドの場合、払戻し額は3着までに入着した他の馬の人気順位に
左右されますので、この場合は低い方の「2.9」で見立てます。
となると、買い目は3点なので、ライブコンサートの複勝馬券を買っていては
的中しても損をしますよね?
なので、ライブコンサートは軸馬のスマートギアと組合せてワイドにします。


さて、残りの二頭はどうでしょう?

13番・タマモサポートの複勝オッズは「6.2-10.4」、15番・マイネルレーニアの複勝
オッズは「13.0-22.1」ですから、敢えて軸馬とワイドで組合せなくても、複勝で押さ
えておけば十分に採算が合います。

従って、最終的な「京都金杯」の買い目は、
・5-7(スマートギアとライブコンサート)のワイド
・13(タマモサポート)の複勝
・15(マイネルレーニア)の複勝
の3点になる訳です。
この「京都金杯」の事例のように、出来るだけ安全性の高い方向で考えます。
地味なワイドと複勝を併用した買い方でも、193.4%もの高い回収率を
叩き出せるのは、この「1分間の目視」を徹底しているからです。

予め買い目を最大でも5点に留まるようにしているため、小資金でもチャレンジ
出来ますし、無理な買い方を絶対にしませんので、心理的な圧迫感も無く、
肩肘を張らずに取り組めると思います。
競馬に対する価値観は人それぞれですが、これが僕の「競馬を楽しむ」
定義であると同時に「大阪競馬ストーリー」のコンセプトでもあるのです。
さて、オッズを見ると聞くと、


と必ず訊かれます。
勿論、締切り間際に越したことはありません。
ただ、複勝オッズは不人気な馬券種のせいか、特に上位人気の馬ほど直前になっても
大きなオッズの変動はありませんし、殆どの場合、ワイドの対象となります。
寧ろ、下位人気の馬の方が大きく変動することがありますが、一般的に下位人気の馬は
締切り直前になるにつれてオッズが上昇する傾向にあります。
ということは、ワイドにするか複勝にするかの選択には然程影響しないということです。
なので、「見れる時に見る」という形でも良いでしょう。
それでも余程のことがない限り、誰がやっても同じ結論に達します。
これなら土日にお仕事をしている人でもお昼休みを使って馬券を買えると思います。
ちなみに、朝一のオッズはこうした目的には向きませんので「NG」です。
そろそろ…、


というのが気になる頃だと思いますが、


 














 
 ※このビデオは1分08秒で終了します
 ※ボタンをクリックする前に、念のためパソコンのボリューム調節をして下さい





 






最初のビデオと今のビデオを見て、めざとい人は気付いたと思います。



どんなやり方に於いても調子の良い時と悪い時が存在します。
正直言って、この買い目についても例外ではありません。
実際、ビデオを見てお分かりの通り、連敗などは当たり前。
酷い時は何度か4連敗を喫していますから。
客観的に見れば、それを「平均回収率」という言葉でごまかしている感すらあります。

また、僕が言うのも何ですが、ここにあなたが陥りやすい落とし穴が隠れているのです。
例えば、1ヶ月目から5ヶ月目までは毎月50%の回収率
6ヶ月目は650%の回収率…という結果があったとしましょう。
これでも半年間の平均回収率は150%です。表面上は何の問題もありません。
が、最初の5ヶ月間は全く儲からず、ひたすら赤字が累積されるだけなので
そのやり方で馬券を買うのを途中で諦めてしまうと思います。
ここまで極端なものは少ないでしょうが、ある一定のスパンでこういう状態になっている
ものは意外に少なくありません。
それを見抜く一つの方法として、「移動平均回収率を見る」というのがあります。




実は、これは僕が考えた造語なので、ネットで検索しても出てきません。
ただ、「移動平均」という言葉は存在します。
移動平均とは、時系列に並ぶデータを、一項目ずつ項をずらしながら
平均を求める方法で、金融、特にテクニカル分析や気象などの分野
或いは経済指標を見る時には当たり前のように使われているものです。

移動平均の最もオーソドックスな計算方法に「3ヶ月移動平均」という
のがありますが、移動平均回収率の計算もこれに準じています。
例えば、こういう結果があったとしましょう。




まず、1ヶ月目から3ヶ月目の移動平均回収率を求めます。

(170+60+55)÷3=95.0(%)
次に、2ヶ月目から4ヶ月目の移動平均回収率を求めます。
(60+55+135)÷3=83.3(%)
…という具合に計算すると、下のようになります。



ちなみに、この半年間の平均回収率は116.7%なので、十分健闘していると言って良い
でしょう。
が、移動平均回収率で見ると、2ヶ月目と3ヶ月目の回収率が悪かったために、それが
尾を引いて、5ヶ月目まで元が取れない微妙な状況が続いていることが分かります。
数字の上では大したことが無いように感じますが、この元が取れない微妙な状況は、
その期間が長ければ長いほど、そして、賭け金が高くなるほど後になってボディーブロー
のようにじんわりと効いてくるのです。
こういうことを日頃意識して競馬をしている人は、非常に少ないと思います。
このように移動平均回収率を調べてみると、表面的には分かり難い「途中経過」が
ハッキリと見えてくるのです。
「ご破算で儲かってりゃそれでいいじゃん!」
と思っていた人…、
どうせ競馬をやるなら、少しずつでも利益が積み重なっていく方が「楽になる」と思いませんか?




















 ※このビデオは1分05秒で終了します
 ※ボタンをクリックする前に、念のためパソコンのボリューム調節をして下さい


 






はい、そう来ると思っていました。

あなたの仰る通りです。

多くの人が利用すればするほど確実にオッズは下落します。
これについては全く弁解の余地はありません。
所謂「情報教材」と呼ばれるモノは、昨今、そのジャンルに関係無く
1,000名の人に売れれば、経験上からもヒット商品と認知されます。
一方、2009年の新生フィナンシャルの調査によると、サラリーマンの
1ヶ月あたりの平均小遣い額は凡そ45,000円だそうです。
仮に、この45,000円を全て競馬にブチ込むとすると、競馬が開催
されるのは大体月に9日程度ですから、1日の馬券購入資金は
5,000円になります。
この買い目情報をお求めになった1,000名の人が、その5,000円を
メインレースのどれかに、しかも10倍以下のオッズのある買い目に
一斉に一点買いをした…、
というちょっと有り得ない状況下でシミュレーションをしてみましょう。

一点の買い目に集約されるお金は、5,000円×1,000名=500万円です。





 














 ※このビデオは56秒で終了します
 ※ボタンをクリックする前に、念のためパソコンのボリューム調節をして下さい


 







あくまでもシミュレーションです。

実際には他のオッズも同時に刻々と変化する訳ですし、何処か一箇所に
多額のお金が投入されれば、その買い目のオッズは下がりますが、それと
同時に他のオッズは微増するはずなので、ソフトで完璧な精度を追求する
のは無理があります。

しかし、ある程度の目安にはなったと思います。

では、これまでのことを一度整理してみましょう。




● 今回あなたに提供するのは、ワイドと複勝を併用して
193.4%の回収率を叩き出した5点以下の買い目です

● その買い目をレース発走30分前までにメールにてお送りします

● ワイドか複勝かは複勝オッズの1分間の目視で判断します
(PDF形式の簡易マニュアルをご用意しています)

● 誰がやってもほぼ同じ結論に達します

● 決して無理なことはしないので、肩肘を張らずに小資金で取り組めます




今、特に中高年の人には何かと厳しいご時世です。

国税庁の民間給与実態統計調査結果では、平成9年には467万円あったサラリーマンの
平均年収が、平成20年には430万円にまで落ち込んでいます。

ひょっとしたら、昨年はさらに落ち込んでいるかも知れません。そして、今年は…?

こういう時、真っ先に「リストラ」されるのは、決まってお父さんのお小遣いです。

問答無用の小遣いカットの圧力に文句の一つも言いたいのですが、住宅ローンや子供の
教育資金のことなどを考えると、結局は黙って無条件降伏を受け入れざるを得ません。

僕もサラリーマン時代に味わったことなので、とてもよく理解出来ます。





尤も、何とか馬券の買えるうちは、まだましなのかも知れません。

それでも、先程の新生フィナンシャルの調査では、サラリーマンの理想とする小遣いの
平均額は73,000円だったそうです。

73,000円-45,000円=28,000円

理想と現実で28,000円も違うのです。

その反動のせいか、JRAの客離れは一層拍車が掛かり、12年連続で売上げが下降して
います。

2009年の決算案によると、前年から何と1,581憶6,750万円も下落しているそうです。
この額は、あの吉野家の平成20年の年商に相当します。

別の見方をすると、競馬で毎月5万円負け続けていた263,600名ほどの人たちが一斉に
白旗を揚げたことになりますから、普通の企業ならかなりまずい事態でしょう。

馬券を買うお金が少なくなると、殆どの人は決まった行動に打って出ようとします。

それまで小さなアジを釣っていたのに、突然大きなまぐろを釣ろうとし始めるのです。
毎回サヨナラ満塁ホームランを狙うような馬券の買い方をしてしまうのです。



あなたはウインズで馬券を買ったことがありますか?

僕は買い物序でに時々ウインズに立ち寄って馬券を買うことがありますが、
ふと周囲の人に目をやると、皆一様に目が血走っています。

睨みつけるような形相で幾つもの新聞を荒々しくめくっている様子から察するに、
多分、このような狙い方をしているのでしょう。

こういうことを繰り返している人は、今年白旗を揚げねばならなくなるかも知れません。











目が血走るような勝負をするのは、自分の腹の痛まないお金が出来てからでいいじゃないですか。

毎週競馬は開催されますし、仮に負けたとしても、そもそも負け組
から巻き上げたお金なんだし。

無くなったら無くなったで、また一からコツコツと自分の腹の痛まない
お金を作ればいいのです。

僕は、これを徹底させて競馬が随分「楽」になりました。

少しずつお金が回り始めました。

そして、気付いた時には殆ど自分のお金を使わずに
競馬が出来るようになりました。

確かに最初の頃は少し焦れますが、そうこうするうちにお小遣いの
理想と現実の差となっている28,000円なんて簡単に埋まります。

謙虚にやっていれば、勝手に善循環が起こるのです。


もし、中高年のあなたに僕の考えを理解してもらえたなら
この買い目の提供も少しはお役に立てると思います。

僕は、たかだか競馬位で中高年の人に自分を見失って
欲しくないと思っています。

同世代の人間として、同じ競馬をする仲間として…。

あなたとご縁があれば、何処かの競馬場で一緒に
「あーでもない、こーでもない」と言いながら楽しい
ひとときを過ごしたいと本気で考えていますし、実際に
「大阪競馬ストーリー」ではこれに近いことを何度もやっているのです。

忘年会やセミナー、懇親会に勉強会…。

時にはプライベートで会員さんと居酒屋に行くこともあります。

そういうことを期待して、今回の買い目の提供を

「大阪競馬ストーリー 中高年競馬成功倶楽部」

と名付け、あなたに月額4,500円で提供しようと思います。


ただ、頭の良いあなたらすぐ分かると思いますけども、

競馬は毎月平均9日開催されます。

そして、「中高年競馬成功倶楽部」ではメインとなる
3レース(最大で)の買い目を提供します。

つまり、1レースあたり、たったの167円の情報料でしかないのです。

僅か167円の小銭が何倍もの効果を発揮し、「お札」
という新しい形になってあなたの元に返ってきます。

今、たかだか200円足らずのお金でこんな費用対効果
を生み出すモノが他にあるでしょうか?

この程度のお金の節約なら、その気になれば誰だって出来ると思います。

でも、あなたはまだ、少なからず不安を持っているかも知れません。
人は、たとえ1,000円であっても疑わしいものにはお金を使いたくないものです。

なので、






そして、もし、あなたに提供した買い目が何の役にも立たないと判断されたなら、1ヶ月
以内に解除して下さって結構です。1円も課金されることはありません。

しかし、初月無料だからと言って、ただの興味本位で僕のところ
にやってくる誰にもは買い目を提供したくありません。

僕は今年50歳になりますが、買い物やドライブに行く時は
オープンカーを乗り回しています。

昨年、マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を観に行きましたし、
DVDも持っています。木村カエラの「Butterfly」も買いました。

「iPod」は2個持っています。

それでもやはり、若い人とは話が合いそうもありません。

申込んだところで、僕のお経のようなメールに退屈してしまうと思います。

なので、僕と同じ感覚を持つであろう中高年の方だけに提供したいと思っています。
(自分が中高年くさい若者だなーと自分自身で認識している場合は問題ありませんよ、
あ、もちろん女性は大歓迎ですので・笑)

それが故、「中高年競馬成功倶楽部」と名付けたのです。

早い話が、僕は仲間を募集している訳です。

残りの人生と競馬に一生懸命になれる人を。

もし、あなたがそういう人なら何の問題もありません。

今すぐ申し込んでみて下さい。









◆ 月額4500円(30日無料)。有料会員サービスです。
◆ 入会日を起算として1ヶ月毎に課金されます。
◆ 入会時に30日間の無料期間を設けています。
(例)5月1日にお申込みの場合、退会締切りは5月30日まで、初回決済日は5月31日です。
◆ 退会処理についてはご自身で行っていただく方法となります。







手短かに…のつもりが僕の気持ちを伝えていると、思った
以上に長くなってしまいました。

最後までお付き合い下さり、有難うございました。

今回の「 中高年競馬成功倶楽部」は、あなたが競馬に勝てる
ようになるただの「きっかけ」に過ぎません。

ようやくスタート地点に立ったと思ってもらう位が丁度いいでしょう。

ここからが僕の腕の見せ所でもあり、あなたの本格的な挑戦が始まります。

今、「大阪競馬ストーリー」には100以上ものコンテンツが揃っています。

大部分が競馬に勝つためのテクニックです。

僕は、真剣な人にはこれを出し惜しみ無く公開しています。

その結果、こんなにも多くの成功者を出すことが出来ました。







 













 ※このビデオは3分20秒で終了します
 ※ボタンをクリックする前に、念のためパソコンのボリューム調節をして下さい



 





僕は、自分で馬券を買って競馬で儲けるのも得意ですが、他人を
その人のやり方で競馬に勝てるようにするのはもっと得意です。
とは言っても、現実的には僕はあなたの背中を押すことしか出来
ませんので、あなたのやる気と、僕とあなたとの信頼関係がない
と成り立ちません。
そういう意味からも、僕に共感してくれる、真剣な人だけに
申し込んでもらいたいと思います。
では、あなたとのご縁を楽しみにしています。

再度、お礼となりますが、最後までお読みいただきありがとうございました。










◆ 月額4500円(30日無料)。有料会員サービスです。
◆ 入会日を起算として1ヶ月毎に課金されます。
◆ 入会時に30日間の無料期間を設けています。
(例)5月1日にお申込みの場合、退会締切りは5月30日まで、初回決済日は5月31日です。
◆ 退会処理についてはご自身で行っていただく方法となります。





PS:質問があればお気軽に info@fkeiba.com までご連絡くださいね。


2、3日以内に返信させていただきます。












| お問い合わせ | 特定商取引・プライバシーポリシーに関する表記 |
Copyright© 2010  「大阪競馬ストーリーvol10」  All Rights Reserved






詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://pxxcoopt.blog85.fc2.com/tb.php/4219-e11d0641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。