売れ筋トップ3

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ノウハウが命
ノウハウを知っていることが成功への近道
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲営業方法できまる営業力!新規開拓営....
起業家や営業マン、中小企業のための新規開拓ノウハウ。簡単営業方法の....





広告費を一切掛けずに新聞・テレビ・雑誌などのマスコミから取材を受けて、無料であなたのお店や商品を宣伝してもらえる方法~ハワードジョイマンの0円PR術~







広告費を一切掛けずに新聞・テレビ・雑誌などのマスコミから取材を受けて、無料であなたのお店や商品を宣伝してもらえる最速集客法~ハワードジョイマンの0円PR術~



今すぐ欲しい方はこちらから


もし、あなたが上記の悩みを抱えていた場合に、下記の写真のように自分たちのお店や商品が、広告費を一切掛けずにマスコミに取り上げられて、自分たちのお店や商品を無料で宣伝できたとしたら、どれほど多くのお客さんに認知され来店者数が増え、売上げが上がるでしょうか?

まずは、これまでこの方法を活用した方の感想を元に、あなたがマスコミに取り上げられることで、あなたの会社がどのようなメリットを得られるか少しお話します。
 
 


もし、あなたが広告費を掛けずに、テレビ・新聞・雑誌の取材を受けて、無料で会社や商品を宣伝できる方法を聞きたいと思うのであれば、下記の記入欄に無料メール講座を受講する方の、①お名前(苗字のみ)と②メールアドレスをご記入ください。
私から23回に渡り、上記の実例写真のように無料でテレビや新聞に取上げられて会社や商品を宣伝できる方法について情報を提供いたします。
先着97名さま限定特別企画
もし、あなたがこのメールセミナーを受講する場合、先着97名に間に合えば、「マスコミに無料で会社や商品を宣伝してもらう5つの極意」(非売品 テキスト18ページ 音声セミナー 32分12秒)をプレゼントいたします。
先着97名プレゼント企画 締め切りまであと31名です。








お名前(苗字):
(必須)


メールアドレス:
(必須)








追伸
真面目に受講する気がない方は、他の受講生の迷惑となりますので、受講を控えてください。この講座は、無料ではありますが、既に452人の方が受講され、その内351人の方が行動を開始し、成果を出し始めているのです。
ですから、この方法に興味のない方の受講はこれから受講する他の生徒の皆さんのやる気を阻害する原因になる場合があるので、受講はご遠慮ください。


再生ボタンを押すと、私からのメッセージが流れます。

  こんにちは。
元お笑い芸人の中小企業診断士(※1)
ハワードジョイマンです。
ネット上に数百万あるとホームページの中から
このサイトにお越しくださいましてありがとうございます。
それだけに、あなたとは、なにやら不思議なご縁を感じます。
今回、あなたに公開する方法は、良い商品(製品)・サービスを持っているにも拘らず、PRが苦手なために、来店したり、購入してもらえないという悩みを持っている様々な業種の経営者の方から相談を受け、その会社が現状でどんなに小さくて無名であったとしても、大手企業をものともせずに広告費を一切掛けずにマスコミから取材を受けて、当該商品・サービスなどを無料で記事として取上げてもらうことに成功してきた「マスコミに宣伝広告費を一切払わずに、取材を受けて、お店や商品を宣伝してもらえる」ノウハウです。
この方法は、一般的にプレスリリースと言われていますが、私は、このプレスリリースを活用して無料でマスコミに取り上げられる仕掛けが得意です。
いわば、私が知識ゼロの段階から、数百社を超える数々の経営者の皆様にアドバイスし、結果を出してきた汗と涙の結晶です。
私の中小企業の皆様の業績支援の活動のスタートは、この方法から始まりました。いわば、原点ですが、これぞ無名の会社が広告費を掛けずに地元で有名になるための必須の経営戦略手段です。
そのため、これまで広報PRを強化したい経営者の方が私の噂を聞きつけて、広報PRコンサルティングのご依頼を多数いただきましたが、現在のスケジュールではこれ以上時間が確保できないので、お断りしてきました。
しかし、今回、私を必要とする方が予想以上に多く、これ以上私のスケジュールの都合だけでお断りすることも申し訳ありませんので、私のこの広報プレスリリースの方法を教材という形で公開させていただき、累計351社を超える企業の皆様からお求めいただき、続々とマスコミ掲載に成功しているのです・・・。
(※1 中小企業診断士とは、国が企業支援に関して適切な能力と知識があると認めた者だけに与える唯一の国家資格です。経営コンサルタントという言葉自体は、能力や知識に関わらず、一般的に自分で名乗れば誰でも活動できますので、身近に経営コンサルタントと名乗る方がいれば、中小企業診断士かどうかを確認してください。それが一番安全で確実な方法です。)
 


多くの経営者は、商品の宣伝やお店の宣伝をするためには、広告をすることだと考えています。あなたも、広告は大事だと考えていることでしょう。
その考えは確かに正しいです。広告は販売促進の手段として重要です。
しかし、いざ広告チラシを毎月のようにやるけど、一向にお客さんが集まらない。
あなたもこのような経験をしたことがありませんか?
なぜ、広告チラシで宣伝しても、お客さんが来ないと思いますか?
なぜなら、最近は、広告宣伝を取り巻く環境が激変しています。
以前ならば、新製品ができればすぐに広告を出せば売れる時代でした。お店のチラシを出せば、お店にお客さんが来てくれました。しかし、今は違います。
チラシを出しても全くお客さんが来てくれないという自体が続出しています。肝心な広告の反応率が激減し、広告しても反応が得られない事態が続出しているのが事実です。
このような現状から、実際に儲けている方とそうでない方では、広告に対する考え方が違います。広告をやらなくなったわけではありません。
確かに儲かっている企業は、広告で集客しています。
しかし、利益を獲得している賢い会社は、商品のライフサイクル上の投資対効果を考えて、広告投資をしてもお客さんからの反応を得られない導入期は、広告投資を抑えて、別の方法を使っているのです。


〔上記商品(会社)のライフサイクルと広告投資対効果の関係をあらわした表の説明〕
上記の表は、横軸が商品が市場に登場してから衰退するまでの一生を4つの段階に表した商品ライフサイクルを指します。商品ライフサイクルは、一般的に、①導入期、②成長期、③成熟期、④衰退期、の4つの段階があります。
縦軸は、広告費を掛けた際のそれに対する効果(リターン)を表しております。
この表から分るとおり、①導入期から成長期に入るまでは、どんなに広告を出しても、商品自体の認知度が低いために、それに対するリターン(は少なく、結果として赤字となる場合が多いのです。それに対し、②マスコミに何回も取り上げられると、認知度が高まることから、商品が成長期から成熟期に差し掛かったときには、広告をやればやるほど効果が出やすいことを示しています。
しかし、③マスコミに取り上げられないために市場内における消費者の認知度が高くならなかったときには、広告宣伝をやったとしても、その反応率はあきらかに低くなります。


世の中に似たような商品が溢れ、似たようなお店が乱立する状況では、市場でまだ認知されていない商品(お店)は、どんなに広告宣伝をしたところで、見てもらえず反応を得るのが難しく、結果として多くの広告費が無駄になっているのが現状です。
それでも、広告予算が潤沢にある大手企業は、どんどん広告宣伝費を投下しますが、私たち中小企業は、広告予算自体も限られているので、闇雲に赤字と鳴る広告投資を続けるわけには行きません。
そこで、このような商品(会社)の場合は、最初からむやみに広告を出して、無駄な広告費を垂れ流すのではなく、広告費を掛けなくても、新聞・テレビ・雑誌などのマスコミが無料であなたの商品(会社)を取り上げてもらえるように、マスコミにアプローチを掛けることが、とても重要なのです。
先ほどもお話しましたが、このマスコミへのアプローチ方法を、一般的にプレスリリースと言います。
このプレスリリースにより、市場投入時には新聞・雑誌・テレビ番組などのマスコミに対してアプローチをすることで、無料で商品やお店を取り上げてもらうための対策をしているからこそ、市場内での認知度が高まり、認知度が高まってから今度は、積極的に広告宣伝をすることで、更に市場内での広告宣伝の反応率を高めて、利益を出すことができるのです。
今回、あなたにお伝えするのが、こうした広告費を一切掛けずに新聞・テレビ・雑誌などのマスコミから取材を受けて、無料であなたのお店や商品を宣伝してもらえるプレスリリースという方法をまとめたものなのです。
これまで既に1年半の間に351社を超える様々な業種の経営者から支持されてきました。そして、この教材を手にした方からは、これだけの内容でこの価格は非常に安いと喜ばれています。
このようなお話をすると、初めてこの方法があることを知った一部の経営者の方からは、「あなたはマスコミに何か人脈があるから、マスコミに取り上げられるのが成功したのでしょう」と質問してくる方もいます。
しかし、残念なことに、私にはマスコミ関係に一人も知人がいないのです。



私は、静岡県は清水市(現在、静岡市)という海と緑に囲まれた場所に生まれました。
家は古くは瓦製造施工業を営み、一般の家だけではなく、
静岡県内の数多くの施設の瓦の施工を担当したそうです。
しかし、時代の変化による瓦のある日本家屋の減少を予測すると共に、
自動車時代の到来、そして瓦工場と自宅が、鉄道の駅からわずか10秒と言う
駅前立地の特性を活かし、時間貸し駐車場経営に業態転換をした家の
長男として1975年(昭和50年)3月に生まれました。
こうして駐車場を経営する家に生まれた私は、
毎日のように駐車場に来るお客さんと共に育ち、
いつしか駐車場を利用してくれるお客さんを
笑顔で楽しませようと、小さい頃から自然と
「いってらっしゃい!」、
「お気をつけてお帰りください!」
という挨拶をするようになり、
子供ながらにお客さんを気持ちよくさせる術を覚えていったのでした。
こうした環境で育った私は、人を喜ばせることが
大好きになり、いつしかお笑い芸人を志すようになりました。
そして、お笑いをやるなら東京だと思い、東京の大学に進学する形で、
お笑い芸人の活動を始めたのです。
こうしてお笑い活動をすることで、お笑いライブに出演したり、
遊園地での営業をまわったり、九州ファミリーマートのCMに主演するなど、
徐々に活躍の場を広げていきました。
こうして、エンターテイメントのプロとして、
お客さんを喜ばしてファンを作り出す演出法や心理術などを
お笑いの現場で学んでいったのです。
しかし、お笑いの世界もライバルは沢山いて、同様に面白いやつは沢山いるのです。
当時、ただ面白ければ売れるのではないかと思っていた私は、
売れるための
戦略をもってお笑い界で勝ち残ろうと考えていた人たちとは
売れる可能性が明らかに違いました。
芸能界で売れるためにも修行は10年ほど掛かります。従って、
「10年後に私は売れているかどうか?」
考えたときにその時点で、売れる確証はありませんでした。
自信があっても売れるかどうかは分からない競争の世界で、
自分に確証が持てないのに、だらだら活動していてもただ時間だけが過ぎるだけです。
そこで、私はお笑い界から身をひいたのです。
今だからこそ分かるのですが、
面白ければ売れると考え何も考えずにただコントをやった私のコンビと、
売れるために①所属事務所の選び方、②コント・漫才などのジャンル選択、
③衣装やトークテンポの違いなどを一つ一つ考えて活動しているコンビでは、
将来の発展の可能性が全く異なるように、
「良い商品さえ置けば売れる」、「良い料理さえ作れば売れる」
としか考えていない会社と、緻密に計算して集客と販売をしている会社とでは
将来の会社の発展の可能性は全く異なります。
ただ闇雲に努力しても緻密に考えている会社には歯が立たないのです。
それから2年後、当時、清水市役所の清水駅周辺再開発室長として働いていた父が、
突然の死に見舞われたのです。
この突然の出来事に私は、父が生前勤めていた清水市役所で、
父が成しえなかった清水駅周辺再開発の仕事をしたいと思い
市役所で働くことにしたのです。
しかし、いざ勤めると人事で職場は勝手に決められ、
働いているうちにその職場で働けるかも分からないのが現実だと知りました。
こうして私は、経営コンサルタントになれば、
会社支援を通じて清水の会社を元気にすることができ、
結果として清水の街が元気になるからと思い、
「生まれ育った街清水を元気溢れる街にしたい!」と決意し、
経営コンサルタントの唯一の国家資格である中小企業診断士の資格取得をはじめ、平日は市役所業務、そして、週末は学校に通い、
5年の歳月を経て資格を取得しました。
また、実際の飲食店の現場を知るために、
週末には無給でイタリアンレストランで修行するなど、
理論だけでなく、徹底的に現場も学んでいったのです。
(※公務員は、副業の禁止規定があるので、一切無給で働きました。
私にとっては、お金なんかよりも、現場で働くことでお金では買えることのできない
大切な事を教わりました。)
こうして、私は繁盛店になるためのプロセスを客観的根拠を元に分析し、
科学的に支援するスキルを身につけたのです。
こうして、独立後から現在に至るまで、様々なお店の繁盛要因や失敗要因を分析し、
数々の経営者の相談を受けて支援をする中で、
元お笑い芸人というエンターテイメントプロの経験から繰り出される
自由で楽しい発想やアイデアと、中小企業診断士という科学的分析に基づく
実務的繁盛ノウハウを融合することにより、
「笑人の繁盛術」という独自の繁盛店メソッドを体系化し
小さい会社の最強繁盛法則として従業員15名までの
中小小売店・飲食店へのサポートを熱意を持って行っています。

ハワードジョイマン プロフィール
有限会社マーケット・クリエーション 代表
ハワードジョイマン中小企業診断士事務所 代表
1975年 静岡市静岡市生まれ(旧清水市)
・静岡学園高校理数科卒業
・東京経済大学経済学部卒業
・中小企業診断士(経済産業省402345)
・静岡産業創造機構経営アドバイザー
・静岡市中小企業支援センターオンラインアドバイザー
・米国NLP協会公認NLPトレーナー(※)
・米国NLP協会公認NLPマスタープラクティショナー
 

「先日19日にラジオ出演をしたときのスタジオでの1コマ」
これまでに開催したセミナー一覧(公開可能なものに限り掲載)
・プレスリリースセミナー(3回)
・月例勉強会(2007年5月まで毎月開催)
・森町商工会セミナー
・全国繁盛店連合会セミナー(2日間)
・客単価アップセミナー
・ハワードジョイマンの話題の王様
・エンターテイメントマーケティングセミナー(3回)
※NLPとは、アメリカで研究が進められた心理学で、
今では、世界中でNLPが学ばれています。
アメリカのクリントン元大統領も学び、自身の演説に活かすことで人々を魅了し、
強いアメリカを上手に演出していました。
歴代大統領の中でも彼の人気が高かったのは皆さんもご存知のことでしょう。
また、NLPを学んだ米国のメンタル・トレーナーのアンソニー・ロビンズが、
当時低迷していたテニスプレーヤーだったアンドレ・アガシ選手をコーチングし、
世界ランク1位に上り詰めさせた
というのは非常に有名な話です。
私は、このNLPのトレーナー資格をアメリカまで行き、取得しています。
笑人塾であなたが学ぶ「楽しく儲かる仕組み」の中にも、
このNLPの要素を繁盛店作りに取り入れております。



先ほどもお話したとおり、私には、マスコミ関係に一人も友人知人がいません。
つまり、これまで私だけでなく、全国の多数の企業が取り上げられてきたのは、私自身が知識ゼロの段階から試行錯誤を経て、積み重ねてきたものを使ったからなのです。
お陰さまで私も、中小企業診断士として独立から3年を向かえ、今ではホームページを開設している関係上、静岡県内だけでなく、静岡県外の方が相談を受ける数が多くなってきました。
私は、これからも全国各地で必死に頑張っている中小企業が、日の目に当たるためのお手伝いをしていきたいと考えております。
しかし、今の世の中では、書店のビジネス書コーナーに、「一発逆転」とか、「たった●●しただけで大儲け」などという本が売れたりするなど、会社経営に関する品に欠ける印象を受けます。
こうした現状が、なんとも悲しいですし、寂しいのですが、私が公開するこの方法は、良い商品を持っているにも拘らず、PRがあまり上手でないために市場内での認知度が低い企業の皆さんに役立てていただきたいと考えております。
さて、私がこれまでサポートして掲載されてきたものの中の最近のほんの1部の掲載例を掲載しておきます。

「静岡新聞」

「朝日新聞」

日経流通新聞

静岡新聞


日経流通新聞

[その他掲載新聞]読売新聞・毎日新聞・産経新聞・朝日新聞・中日新聞・四国新聞・日本繊維新聞ほか
[テレビ番組]TV静岡、静岡朝日テレビ、SBS静岡放送、静岡第一テレビほか
[雑誌]IMPRESS、ポコチェ、ウーフィン、GOO-WORLDほか
主要5大新聞メディアはもちろんのこと、実は、これ以外にも多数のメディア媒体に取上げられているのですが、これ以上の掲載情報を控えさせていただきます。
ただし、その理由だけは明確に説明させていただきます。
私は、中小企業診断士として、企業支援を行っております。つまり、業務自体に、企業の戦略を知りえる立場としての業務上の守秘義務がありますので、個別の会社の事例や具体的な社名や担当者の名前は公開いたしませんので、ご了承ください。
最近では、お客様の声と称して、利用者の感想を写真入で紹介してしまっている経営コンサルタントもいます。企業の戦略の秘密を守るべき人間が、自社の宣伝のために情報を出してしまっている現状はいかがなものかと思わざるを得ません。
しかも、頑張って結果を出したのはその会社にも関わらず、経営コンサルタントの中には、自分の成果実績みたいに掲載している人もいます。
私は、上記の理由から、私を信じて利用してくださった方の掲載実績を、むやみやたらにホームページ上で公開することはありません。
もし、それでもあなたが私のこれまでの実績に不安や疑問を感じるのであれば、遠慮なく事務所まで遊びに来てください。マスコミに掲載された記事を公開可能な記事に限り自由にご覧いただけます。
また、世の中には、自称経営コンサルタントなど沢山いますから、お客さんの声と称してクライアントの戦略を漏らしてまで自らの実績としてアピールしてしまっている経営コンサルタントの方がよければ、そちらを選ぶのが良いでしょう。
私は、良識ある方とのご縁だけを大切にしておりますので、稼ぐためなら何でもありと考えている方のご利用は、一切お断りいたします。

それでは、このホームページを通じて販売させていただいております、
『ハワードジョイマンの0円PR術』~広告費を一切掛けずに新聞・テレビ・雑誌などのマスコミから取材を受けて、無料であなたのお店や商品を宣伝してもらえる方法~をご希望の方は、詳細をご覧ください。



本教材は、テキスト(A4サイズ200頁)と音声セミナー(2時間5分39秒)から構成されています。
プレスリリースの知識がない方でもゼロから学べて、成果が出せるようにテキストと音声セミナーにより丁寧に詳しく、そして難しい専門用語は使わずに、作成されています。

200ページに渡り、プレスリリースの基本的事項から、書き方、配信方法、現場での裏技、取材されるプレスリリースから、やってはいけない記者に嫌われるプレスリリースなど、多くの利用者が気になる隅の隅まで徹底解説した完全マニュアルです。
そのため、第0章から順番に読まれていくことで、順番を追って無理なく理解できます。
   

本マニュアル内で書かれている掲載内容は、下記のとおりです。もちろん、下記にあげる項目以外にも重要なポイントを随所に盛り込んでいます。
 
このマニュアルは、誰もが①簡単に理解でき、②すぐに行動に移し、③成果を上げられるように、④難しい言葉の使用を避け、⑤分かりやすく体系的にまとめてあります。
 



第0章では、あなたがプレスリリースで効果を最大限に引き出すために、マニュアルの読み方・学び方をお話しています。
(1)まず、はじめに
(2)事前に用意するもの
(3)本マニュアルの全体像を確認する
(4)プレスリリースのメリット・デメリットを理解する
(5)悩み・問題を客観的に把握する
(6)もし、プレスリリースを知らなかったらどうなるか?

(7)目的・目標を設定する(理想の状況をイメージする)
(8)前項目を確認し、何から始めたらいいのかを確認する
おまけ =実録:私のマスコミ初掲載の裏話=


なぜ、プレスリリースを行うのでしょうか?広告との違いとは?など、初心者の方でも、無理なく理解できるように、知っておきたいプレスリリースの基本事項をお話しています。
(1)プレスリリースとは?多くの方が忘れている大事な視点とは?
(2)プレスリリースと広告の違いとは?
(3)なぜ、プレスリリースなのか?
(4)プレスリリースのメリット・デメリットとは?
(5)プレスリリースで絶対取り上げられない方の特徴とは?
(6)プレスリリースを最大限利用する使い方とは?
おまけ =実録:私のプレスリリース初体験。その舞台裏を全て公開=


プレスリリースで大事なプレスリリースの書き方について徹底的にお話ししています。プレスリリースの基本形を元にしながらも、業界内で他のライバル業者の追随を許さないほどのマスコミ掲載率を誇るハワードジョイマン式のプレスリリースの作成法・書き方をお話しています。
(1)プレスリリースの定型文章を知ろう
(2)プレスリリースの重要なパーツとは?
(3)大手企業のプレスリリースと無名企業のプレスリリースの違いとは?
(4)記者の行動体系から何が分かるのか?
(5)勝負は○○!その意味は?
(6)プレスリリースの書き方の極意とは?
(7)マスコミ媒体別の存在意義を知ることで分かることとは?
(8)マスコミ別攻略法から導き出される書き方とは?
(9)初心者の方が最初からでも記者の反応を取れる書き方とは?
(10)記者が喜ぶプレスリリース・記者が読まないプレスリリースの違いとは?
=報道用資料の書き方徹底解説=
(11)会社名・住所・代表者名・担当者名・直通連絡先の書き方とは?
(12)記者が思わず見入ってしまうキャッチコピーの書き方とは?
(13)プレスリリースをゴミ箱に捨てさせないリード文の書き方とは?
(14)記者が思わず見入ってしまう本文の書き方とは?
(15)記者が取材をしたくなる文末の締め方は?
(16)記者が記事を書きたくなる追伸の書き方とは?
(17)○○の効果的な挿入法とは?
(18)キャ○○○の書き方1つで驚くほど変わる記者の反応率!
(19)○○○○の効果的な使い方とは?
(20)○○○○結果の賢い使い方とは?
(21)○伝○○真を事前に用意する本当の裏の目的とは?
(22)記者は○○の思いに共感し、掲載したいと思う!その○○の思いとは?
(23)新製品の場合は、○○○○を掲載し、掲載率アップを狙え


 
プレスリリースの書き方を覚えても、肝心な話題が思いつかない方もいらっしゃいます。そこで、プレスリリースのアイデアをお話します。このアイデア自体が、プレスリリース以外でも売上げに直結する方法ですので、この第3章に目を通すだけでも、このマニュアルを手に入れる価値は十二分にあります。
(1)あなたのお店・会社の中からプレスリリースのネタを見つける方法
(2)新聞・雑誌からプレスリリースの話題を簡単に探し出す方法
(3)新聞・雑誌に掲載されている内容から分かる取材を受けやすい話題とは?
(4)自分の会社の話題がどこに掲載されるのか?瞬時に分かる方法
(5)自分の会社内の話題を書き出してみる
(6)新○○の話題
(7)新サービスの話題
(8)新店舗オープンの話題
(9)人物を特集した話題
(10)世相を反映したトピックス的な話題
(11)小冊子に関する話題
(12)ユニークな話題
(13)募集ものの話題(○○・ネーミング・など)
(14)新規○○に関する話題
(15)経営○○に関する話題
(16)新○○設立の話題
(17)○○に関する話題
(18)○○化にちなんだ話題
(19)○○化防止にちなんだ話題
(20)衛生管理にちなんだ話題
(21)悪質商法の防止にちなんだ話題
(22)トレンドを○○した話題
(23)裏技:○○を利用した裏ワザ
おまけ =実録:私の裏技プレスリリース・○○○○に便乗したプレスリリース=

 
プレスリリースの配信は、書き方についで重要です。なぜなら、いくら記者が取り上げたくなるプレスリリースを書いたとしても、肝心な記者までその原稿が届いていなかったら意味が無いからです。多くの会社が、安易に配信代行業者を利用して何の成果も出せずに終わるのに対して、どうして弊社のクライアント企業が続々と取り上げられるのか?その秘密がこの第4章を読むことで、お分かりになることと思います。
(1)各メディアごとのプレスリリースの配信方法を簡単に調べる方法 
(2)プレスリリースの配信先を簡単に調べる方法
(3)配信先の直通連絡先を入手する方法
(4)配信先メディアの効率的なデータベース化の方法
(5)配信先メディアのデータベースをメンテナンスする方法
(6)配信時に絶対に間違ってはいけないポイント
(7)さりげない記者へのプッシュ電話法
(8)記者から連絡がこない場合のマル秘の対応法
(9)○○に行ってみよう
(10)なぜ、配信代行業者を使うと、何万円もの損をするのか?
配信代行業者が決して明かさない、配信代行業者を使っても取材依頼が全く来ない本当の理由とは?
(11)ブログなどのインターネット配信系のプレスリリースが、役に立たない本当の理由 とは?
(12)いくらやっても効果の無いブログなどのインターネット上のプレスリリースの真実とは?


 
実際に記者から取材依頼を受けたら、あなたはどのようにしたらいいのでしょうか?取材現場ですべきこと、してはいけないことなど、あなたが緊張せずに取材を受けて、実際の記事になるまでの全てをこの章で解説しています。
(1)取材の依頼の電話が来た!その時、あなたはどうする?
(2)どこで取材を受けるのか?
(3)○○1つで変わるあなたのイメージ。準備は大丈夫?
(4)取材時の裏ワザ1:○○にちょっとした裏技を。
(5)記者と会って、まず、一番最初にすることとは?その狙いとは?
(6)記者に○○してもらい、あなたのお店のファンにさせよう。
(7)記者と、とことん○○○をしよう
(8)取材風景の写真を撮ろう 。その理由は?
(9)取材用質問案の真の目的とは?
(10)宣伝用写真の真の目的とは?
(11)あなたが決してやってはいけない行動とは?
(12)店舗系の新規オープン前の取材の受け方
(13)マスコミ媒体別の賢い取材の受け方:テレビと新聞の違い





内容物
(1)テキスト A4 200頁
(2)音声セミナー 2時間5分39秒




本体価格
28,571円(消費税込30,000円)


お支払い方法
(1)コンビニエンスストア払い
(2)クレジットカード払い
(3)銀行振り込み
(4)郵便局払い


提供方法
(1)郵送による方法(テキストのみ)
(2)ダウンロードによる方法



 


あなたが、この0円PR術を学び、マスコミに無料で取り上げられると強い決意を新たにしたのであれば、私は、その熱意を形あるものにすべく、後押しさせていただくように、あなたに2つの約束をしたいと思います。

まず、1つめの約束ですが、本マニュアルは、現在国内で流通しているプレスリリースノウハウを記し公開しているマニュアルの中で、トップクラスの内容と質のマニュアルを、非常に安すぎる価格で提供していることをお約束します。
これまでにテレビや新聞、雑誌で取り上げられ、お店に行列ができたり、高額受注を獲得した会社も多数いますので、テキストに対する費用対効果は高いです。
読まれた方は、その内容の濃さに他の教材との違いを実感されることでしょう。
しかしながら、もし、あなたが他にもプレスリリースマニュアルなどのPRマニュアルを購入されてその内容を確認して、この私が提供しているマニュアルよりも役に立ったと思うものがあれば、その実物を私に郵送して、どこが良かったのか私に教えてください。
私がその実物の内容をチェックしあなたのご意見を承った上で、それを上回るものをつくり、無料で提供させていただくことを、約束いたします。

本マニュアルを購入されたお客様で、マニュアルを徹底的に学びそれに基づきプレスリリースを3回送ったのに取り上げられなかった場合、当社(424-0829 静岡市清水区巴町6-22 有限会社マーケット・クリエーション)宛てにそれらの3つのプレスリリース原稿を郵送してください。
※弊社連絡先:054‐351-8655
私が、そのプレスリリースを直接確認し、喜んでプレスリリースを作成させていただき、配信先や配信方法などを徹底的にサポートし、アドバイスします。
これは、通常弊社が20万円で請け負っているプレスリリース作成代行&戦略的PRサポートです。
なぜ、ここまで自信をもって言えるのか?
それは、私がこれまで直接プレスリリースに関わった小売業、飲食業、建設業(住宅販売業)、サービス業、リフォーム業、塗装業などの案件では、これまで多数の企業のプレスリリースをサポートしてきましたが、全て掲載に成功しているからです。
そのノウハウをマニュアルには全て書いているからです。
残念ながら取り上げられなかったのは、今、テレビ・新聞・雑誌では放送自粛をしているテーマである健康食品関係(サプリメント)2社でした。これは、マスコミ自体が扱わなくなっているので、無理もないといえば無理もありません。
弊社では、一人でも多くの方に成果を出していただくよう、教材中に弊社の独自のノウハウを惜しむことなく公開していますが、それでも掲載されなかった方には惜しみないサポートをさせていただくことをお約束いたします。
                         中小企業診断士 ハワードジョイマン

※この教材は、これまで弊社より販売していた「プレスリリース完全マニュアル」をリニューアルしたものです。既にプレスリリース完全マニュアルをお持ちの方は、ご注意ください。
※ダウンロード版を購入される方も、住所、電話番号など全てご記入ください。今後同教材の内容の無償アップグレードを行う際に、連絡ができなくなってしまう場合があります。ご協力よろしくお願いいたします。


私は、行動する人は大好きです。
その反面、理屈ばかりで行動しない方は、ハッキリ言って大嫌いです。
私を信じて行動を始めた方は、個人差はあれど着実に繁盛店になっています。
しかし、理屈ばかりで行動しない方は、私のほうからお断りしています。
従って、このプレゼントのお話も、真剣でない方には気付かないように、
ここまで読まないと特別のプレゼントのお知らせがあることも気付かないようにしてあります。
あなたは、ここまで読んだと言うことは、繁盛店作りに向けて真剣に取り組む決意があると言うことです。まずは、あなたは自分自身のこの決断を褒めてください。
そこで、あなたが「0円PR術」を学んで、本気で繁盛店作りに取り組むならば、私から特別なプレゼントを差し上げようと思います。
それは、あなたが行動をするならば、私が主宰している会員制のコンサルティングサポート倶楽部「笑人塾」に、1ヶ月間無料で参加できる権利をプレゼントしたいと思います。
この笑人塾では、月額制になっていますが、あなたは1ヶ月間無料で参加できます。
これは、
主宰者である私の権限です。誰にも文句は言わせません。
この笑人塾には、全国で頑張っている飲食店経営者を始め、様々な業種の方が参加しています。
この笑人塾であなたが受けられるサポートの内容は、下記の通りです。




 
笑人塾の塾生が受けられる12大サポート内容



会員限定非公開メールマガジンの発行
塾生だけに非公開でお話しする特別なメールマガジンを毎週金曜日に配信します。 ここで話す内容は、無料メールマガジンでは決して話さない会社経営に役立つ秘匿性の高い話をします。決して、口外しないようにしてください。



特別セミナーの定期開催
2ヶ月に1度セミナー勉強会を開催します。一般の方からは、内容に応じ15,000円から50,000円をいただきますが、塾生は参加費無料です。



特別セミナーの音声収録版の無償提供
特別セミナーに参加できない方のために、当日の模様を音声収録し、後日、ダウンロード配布します。
もちろん、当日参加した方も入手できますので、復習としてご活用ください。



塾生交流会の実施
塾生同士の日ごろの苦労と喜びを分かち合う機会を作り、明日への活力をチャージするための交流会を定期的に実施いたします。意識の高い仲間との出会いが、あなたにとって何事にも変え難い財産になることでしょう。 参加費は、飲食費等の実費だけで参加できます。



グループ面談の実施
毎月1回3名~5名という少人数で相談会を実施いたします。約3時間に渡り、参加者の固有の課題を解決に結びつけるグループ形式による面談です。塾生の方は、無料で参加できます。直接会って話すことにより、より深い相談も可能となります。



スカイプによるグループ相談の実施
グループ面談に日時の関係や会場の関係で参加できない方も、スカイプによるグループ相談を利用することで、メールよりも一歩踏み込んで相談ができます。
毎月、実施いたしますので日本全国からご参加できます。



24時間メール相談
時間を取るのが難しい経営者が、気軽に相談できるよう24時間無料で相談できるようにメール形式による相談を実施します。 回答は、24時間~最大48時間の間にいたします。その際は、相談の内容により、メールでの回答及び、音声による回答の場合もあります。



販促物の作成代行サポート
サポートパートナーのハカセマンとあーちゃんが、 笑人塾に参加した方たちが人員不足などで中々手が回らないニュースレターやメニューブックなどの各種販促物の作成を笑人塾特別価格で代行します。
これだけでもかなりお得ですよね。



個別スカイプ相談の実施
あなたの会社の進捗状況に応じて最適な儲かる仕組みを構築するために、毎月1回個別にスカイプ相談を実施します。
初回1回60分、2回目以降は1回30分を予定しております。実施については、事前予約制で受付します。金曜発行の会員限定メールマガジンにて予約方法をご案内します。



更に、2ヶ月目以降も続ける場合は、さらに3つのプレゼントを無料で差し上げます。


10
特別テキスト「笑人の繁盛術」(A4サイズ 390ページ)
自分のペースで学び、店作りに生かすことで、あなたに最適の「楽しい儲かる繁盛店」の形を構築できます。
※サポート開始初月に指定の住所に郵送いたします。



11
ニュースレター「笑人道」毎月1回郵送
常に最新のノウハウを入手し、商売に活用するためのニュースレター「笑人の裏知恵」を毎月1回あなたのお手元に郵送します。



12
「笑人の繁盛術」音声セミナー(7時間3分7秒)
テキストだけでなく、音声を聞くことで繁盛店作りに直結する更なるアイデアや発想が湧き出てくるでしょう。
※ダウンロードにてご提供させていただきます。


 
入塾費30,000円と初月会費15,000円が無料で使えるので大変お得です。
ちなみに、私の訪問コンサルティングサポートは、入っていません。個別コンサルティングサポートは、笑人塾の参加者の方だけが別途個別で利用できるので、一般の方は、申し込むことさえできないのです。
その代わり、24時間回数無制限のメール相談がついていますので、「0円PR術」を学んで分からないことは、全てスカイプ相談とメール相談により解決して、マスコミに取り上げられることができます。
あなたにとって、これだけ至れり尽くせりのサポートはこれまであったでしょうか?


 




 

質問1 
これまでこの教材(プレスリリース完全マニュアル)を購入された方で、マスコミに掲載されている方はどのような業種の方ですか?

回答1
この教材を購入された方で、「掲載されたよ」と連絡があった業種は、下記の通りです。既に、351社を超える方が購入されていますが、その内連絡を頂けるのは少数なので、マスコミに掲載されても報告をしてきていない方も多数いらっしゃると思います。参考程度にご覧ください。

【新聞】
読売新聞・朝日新聞・毎日新聞・産経新聞・日経流通新聞(日経MJ)・中日新聞・繊研新聞・静岡新聞・四国新聞、日本繊維新聞 ほか
【雑誌】
フラッシュ・ポコチェ・スタイラー・ワープ・ウーフィン・GooWorld・アントレほか
【テレビ】
テレビ静岡・静岡第一テレビ・静岡朝日テレビ ほか
【ラジオ】
FM清水・SBSラジオ
※以上、掲載許可を頂いているものに限り一部掲載
※上記実績に関する確認事項  
上記実績内に、あなたの地域で発刊されている新聞・テレビ・雑誌、またあなたの該当する業種の専門誌が掲載されていない場合に関しては、単にあなたが該当する地域・業種で、これまでに弊社の教材の利用者がいなかったという理由にすぎません。地域・業種による有利・不利はございません。むしろ、ライバルがまだこの方法に気づいていない今が、チャンスなのです。

 





プレスリリースを初めて知ったという方に、プレスリリースについて簡単に解説しましょう。プレスリリースとは、企業が自社の取組みをマスコミに情報提供することで、その取組みに興味を持ったマスコミ担当者が記事として掲載するものです。
このプレスリリースによる記事掲載は、広告チラシと異なり、記事としての扱いですので、全て無料です。プレスリリースの一般的な雛形は、下記のとおりです。

しかし、マスコミ各社には、連日大量のプレスリリースが届きます。そのため、普通に書いていたら記者は見向きもせずに、ゴミ箱に捨ててしまいます。
また、プレスリリースの配信を行う会社では、国内外何百社と言うマスコミに配送する会社もありますが、闇雲に送った所でお金の無駄ですので、ご注意下さい。
この教材では、これまでの多数の実績と経験から得た、無名の会社でも取り上げられるためのプレスリリースの作成法、書き方、方法を余す所なく書いてありますので、多くの方から喜ばれ多数の結果が出ています。

 

質問3 この教材は、本当に役に立つの?

現在、多くの会社が広告チラシを出しても思うような成果が上げられていません。それは、相次ぐ企業の不祥事により消費者が広告チラシの内容を信じなくなってきているからです。
その一方で多くのお客さんを集めている会社もあります。それは知名度のある会社です。ちめいどのある会社はどのようにして多くのお客さんを集めているかと言うと、プレスリリースにより、テレビや新聞、雑誌に記事として取り上げてもらうことで、知名度を上げているのです。
広告チラシでは、知名度は全く上がりません。
消費者が信頼しているメディアに記事として取り上げられるからこそ、あなたの会社の知名度も上がり、多くの消費者が信頼して来店・購入するようになるのです。
いくら出しても効果のない広告チラシでさえ、1回5万円以上はしますよね。それよりも一生使えるノウハウがこれだけの価格で購入できるのです。
これまでに351社以上の方に利用していただいている実績が何よりも物語っているとは思いませんか?


なお、これ以外に聞きたい事がある場合は、遠慮なく弊社までお問合せ下さい。


メール info@1mediakeisai.com     
電話 054‐351-8655 
有限会社マーケット・クリエーション ハワードジョイマン
静岡県静岡市清水区巴町6‐22

 

【 質問4 】 
私は、地方で事業を行っている個人事業主で有名でもありません。プレスリリースはこれが初めてなんですが、こんなちっぽけな無名の会社でも記事になることは可能でしょうか?
【 回答4 】
はい。可能です。マスコミが取材するのおは、有名だから、無名だからという理由ではありません。話題性を重視します。なので、弊社の教材を買った方の多くは無名の一地方企業・個人事業主の方が多いのですが、無名なんてことは関係なく、取り上げられていますよ。
ちなみに、プレスリリースで大事なことなのですが、有名だから取り上げられるのではなく、取り上げられたから有名になるのですよ。最初は、誰でも無名です。不安に思わずにチャレンジすると、未来が開けてきますよ。

 

【 質問5 】
マニュアルに書かれている情報は、本当に30,000円の値段分の価値があるのでしょうか?
【 回答5 】
弊社は、全国に営業所を持つコンサルティングカンパニーではありません。そのため、広告費を掛けずに売上げを上げたいという全国の経営者の方、全てにお会いすることはできません。
そこで、一人でも多くの方にマニュアルを通じて弊社のノウハウを提供しているのです。通常、私が、プレスリリースを作成するだけで、21万円を頂いています。この金額でも、マスコミ掲載効果を比べたら、非常に格安の値段なのです。
その為、弊社にはプレスリリースの作成依頼が継続的に来ているのが現状です。掲載確率の高さからリピート率が高いのです。
あなたは、広告費を毎月何万円掛けていますか?そして、その反応はどうです、か? 多くの方が広告を出しても殆ど反応が無いと言います。
そこで、もし、あなたが今掛けている広告費を削減でき、さらに売上げを伸ばす事ができるとしたら、あなたはその事に価値を感じませんか?
その価値が将来に渡って続くとしたら、更に嬉しいですよね。
あなたの感じる価値がマニュアル代金に満たないのでしたら、無理に購入する必要はありません。
むしろ、こちらからお断りをしたいと言うのが本音です。これは、価値を理解している方がその価値を実際に得ていただくために、この価格で提供しているのです。
お蔭様で、現在、多くの方が、価格の何十倍・何百倍という価値を感じ、実際に行動に移し、成果を上げています。
私も、皆様から頂く、成果報告や嬉しい喜びの声を頂く度に、このノウハウを公開して良かったと実感しています。

 

【 質問6 】
読売新聞に掲載されたいんですが、掲載されますか?
【 回答6 】
プレスリリースは、広告ではないので、あなたが特定の1社に送っても、その新聞社が取り上げてくれるとは限りません。
なので、通常のプレスリリースでは、特定の1社に送ることはしません。もし、あなたが同様の事をしていたのでしたら、それは今すぐ止めてください。
プレスリリースを送る際には、必ず自分が掲載されたいマスコミ以外にも、関連のマスコミ先に、プレスリリースをしましょう。
それがプレスリリースの鉄則の1つです。
そうすることで、最初は意図する特定のマスコミに取り上げられなかったとしても、他紙の掲載内容を見た記者が取材に来る可能性も十分あります。
なので、配信代行会社のように、無駄に全国何千箇所に送っても紙と時間と費用の無駄で一向に取り上げられる事はありませんので、その必要はありませんが、地元の関連媒体には送ることで、うまく取り上げられるように考慮しましょう。
地元のマスコミなら、多くても15件から20件くらいでしょう。FAX代金も1枚10円としても150円から200円です。これだけの安い費用でマスコミに取り上げられるんです。こんなにお得な方法は、他には見つかりませんよね。

 

【 質問7 】
以前にプレスリリースコンサルタントの方に原稿を作成していただき、送った事があるのですが、取り上げられませんでした。その方は、あなたの商品が魅力が無いからだよといわれました。
なので、マニュアルを購入しても商品自体に魅力が無ければ、取り上げられないと思うのですが・・・?
【 質問7 】
なるほど。商品に魅力が無いのですね。しかし、これから私の話すことを注意深く聞いてくださいね。
記者にプレスリリースをする際には、A4用紙1枚だけですよね。記者が実際に、商品に触れるわけではないのです。なのに、なぜ、商品に触れてもいない記者が商品が魅力が無いと分かるのでしょうか?
プレスリリースで大事なことは、記者に対して如何にプレスリリースの文章中で興味を沸かせるかなのです。
あなたが過去にプレスリリースをして取り上げられなかったのは、商品に魅力が無いわけではなく、単にそのプレスリリースコンサルタントの方が書かれたプレスリリース文章が、記者の興味を掻き立てられなかっただけなんです。
その方が、自分の書いた文章が悪いと認めたくなかったんでしょうね。まあ、プレスリリース自体の成功率は、その性格上100%ではありません。
一般的には、10回送って1回掲載されればラッキーぐらいの確率です。
私は、記者の心理や書き方・配信の方法を徹底的に日々研究しているから掲載成功率が80%以上あるのです。これは、他の方と比べると比較にならない異常な数値です。
今回、私が公開したプレスリリースマニュアルには、あなたが問題なくプレスリリースを書けるように、10パターンの雛形も用意しました。
この雛形のようにプレスリリースをまとめれば、あなたも掲載される可能性は、一般的な掲載の目安の10%を軽く超えますので、ぜひ、安心してチャレンジしてみてください。

 

【 質問8 】
プレスリリースをして記者から取材の依頼が来たら、私はどうしたらよいのでしょうか?今まで、生きてきて、記者から取材なんて受けるのは初めてなので、どのようにしたら良いのか?
私には分かりません。
【 質問8 】
なるほど、私もプレスリリースを送って初めて取材を受けた際は、緊張して、足が震えそうになるのを必死にこらえた記憶がありますよ。懐かしいですね。
そんな私の過去の経験もあるため、このマニュアルを購入される方の中には、同様に取材経験がはじめての方も多いです。
そこで、マニュアル内では、取材時の対応の仕方なども詳しく書いてありますので、ご安心くださいね

 

【 質問9 】
プレスリリースには非常に興味があります。しかし、私の会社には、プレスリリースするような話題がありません。どうしたらよいでしょうか?
【 回答9 】
話題がないと思っているのですね。確かに、一般的にプレスリリースをはじめて行う際には、何をプレスリリースすれば良いのか?
その内容に困ってしまう方もいらっしゃいます。そのために、プレスリリースマニュアルの中で、どのような話題をプレスリリースできるのか?
また、話題の作り方もふんだんに盛り込んでありますので、マニュアルを読んでいただくと、「こうやって話題を作り出すんだ!」という事がどんどん分かっていただけるでしょう。
更に、今回お付けした特別特典「笑人塾1ヶ月無料利用権利」の中に、私のスカイプ(電話)相談や24時間無制限メール相談がついています。
この際に、あなたが私に現状をお話いただくことで、あなたの会社に応じた話題の作り方をアドバイスしたいと思います。
あなたの不安は全て消えて、今すぐプレスリリースを送りたい気持ちになることでしょう。


 

中小企業・個人商店は、例えば、良い商品・サービスを持っていても、ブランド力・信用力が劣るために、日の目を見ずに消えていく場合が殆どです。
そこで、私は、プレスリリースという手法を、良い商品・サービスは持っていても、それを上手にアピールし、市場に浸透させていく術を知らない一人でも多くの企業経営者・個人商店主、広報担当者の方に知って頂きたいと思っています。
この手法を知ることで、あなたの会社・商品・サービスなど様々な事が取り上げられることで、あなたの会社の信用力・ブランド力が上がり、売上高は元より、あなたの企業活動があなたの想像をはるかに超えて軌道に乗るでしょう。

特定商取引法に基づく表記


Copyright 2008 (有)マーケット・クリエーション All rights reserved











詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://pxxcoopt.blog85.fc2.com/tb.php/4234-e14d6919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。